【インフルエンザ】筋肉痛と関節痛で立てない、座れない・・・なぜ?

インフルエンザの時の全身の痛みって?

今まさに流行中のインフルエンザ、新年早々、A型にかかりダウンしてしまいました。

昨年末に出かけた際にマスクを持っていたにも関わらず、付けるのを忘れて人混みへ。かかっても仕方ないですね。

最初に喉の痛みがあり、だんだん体の節が痛み出してきました。これはヤバイ、発熱するなーと思っていると、痛みが全身に及んで、案の定、熱が出てきました。

その翌日から、全く立てないし座れないほどの、関節痛と筋肉痛が襲ってきました。もう全身、足腰、お尻、背中、手の指の関節まで。腕を上げても痛いし指を曲げても痛い。腰と背中は、なんとか起きても座ると腰が圧迫されて座れないのですぐに寝てしまうしまつ。

ちょうど、ギックリ腰で動けないくらいの痛みで立とうとしている感じです。トイレに行くのが困難極まりない。

いつも発熱すると、多少は関節痛があるのですが、インフルエンザの時は、異常な痛みが出ます。

この痛みは、簡単に言うと体がウイルスと闘っている為だそうで・・・

こちらの記事を参考にして、あまりの痛みにも不安なく耐えられました。↓↓

「インフルエンザで関節痛や筋肉痛!原因と対処法は?」https://minacolor.com/articles/show/218

とても辛い全身の関節痛や筋肉痛ですが、強い鎮痛剤はインフルエンザが重症化する場合があるそうで、緩い鎮痛剤を処方してくれました。インフルエンザは早めに病院に行き薬を処方してもらい、後は安静にして寝て自然に治るのを待つしかないですね。

ただ私の経験上、関節痛や筋肉痛が起こっている部位は普段、自分がコリ過ぎて血流が悪く痛めていたりするところなので日頃から、筋肉や関節を柔軟にしておく必要があるなと痛感いたしました。

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    アーカイブ

    Twitter でフォロー

    最近の記事

    PAGE TOP