【天気痛に】耳マッサージがいいそうです!!

”天気痛”なぜ起こる?原因と対処法

先日、私の耳つぼの講師の先生から『天気痛には、耳のマッサージがいいらしい!』とテレビの番組で放送されていたと教えていただきました。

私も天気の変化で、体の不調が起きやすいのですが『気圧のせいで仕方がない』とか、『今日はこんな天気だから』と諦めてやり過ごすことも。。。

耳つぼの施術では、まず最初にお客様の耳を入念にマッサージし、血流をよくして冷たい耳を十分に温めてから行います。耳のマサージは本当にいいので、お客様にもご自分でお家でもやってみてくださいねとお伝えしていますが、恥ずかしながら”天気痛”にもそんなに良いとは知りませんでした。

天気痛・気象病とは?

天候の変化によって起こる体の痛み。昔から雨が降る前に神経痛が出たり、古傷が痛むなど経験のある人も多いのでは。さらに痛みだけでなく、気圧や気温、湿度の変化が大きく影響して起こる症状全般を、気象病というそうです。

  • 体の痛み
  • 頭痛、肩こり、関節痛
  • 喘息
  • めまい
  • うつ病
  • 古傷の痛みなど

春や秋など気候の変化が激しい季節の変わり目になりやすいですね。

なぜ起こる?

私が説明するのは難しいのですが、起こる原因は、気圧と耳の関係にあるようです。気圧の変化に体のバランスは崩れてないのに、耳(内耳)が過敏になると体が過剰に反応するそうで、交感神経が活発になり”痛み神経”を刺激するそうです。

幅広い世代の女性が、耳の内耳が敏感でなりやすいのだとか。

対処法は?

耳のマッサージ
  1. 耳を軽くつまみ、上・下・横と5秒ずつ引っ張る
  2. そのまま耳を軽く引っ張りながら5回まわす
  3. 耳を包むように折り曲げ5秒キープする
  4. 耳全体を手のひらで覆い、ゆっくり円を描くように後ろに向かって5回マッサージ

1日に行う回数は、朝・昼・晩と3回を目安に。

とても簡単にできるマッサージですが、痛みの出ない程度の力で、優しく行うのがいいですね。

耳には”神門”という自律神経を調整してくれるツボがあり、私は、ちょっとマッサージするだけでもイライラが解消しリフレッシュできます。
ストレスを感じた時など、ぜひ試してみてください!

 

大和高田市 女性専用ボディケアサロンTula(rトゥーラ)

 

天気痛 気象病 頭痛 めまい 肩こり 関節痛 うつ病 喘息

耳つぼ 耳マッサージ 耳つぼジュエリー

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    アーカイブ

    Twitter でフォロー

    最近の記事

    PAGE TOP